WORLD

World

その天空の国は、予知された大洪水から逃れるために創られた。
一部の人々はその国へ避難し災厄から逃れたが、
地上に残された者の多くは生命も財も失ってしまう。

洪水が収まり地上で暮らせるようになった後も、
天空に移り住んだ人々が再び地上へ降りることはなかった。
こうして、「上界」と「下界」が誕生した。


上界

空に浮かぶように建設された人工島。
『神官院』と呼ばれる政府により人々の暮らしは徹底的に管理され、結婚相手も政府が決定する。
犯罪者を下界へ送ることで平和を保っている。
上界:神官院

上界の中枢であり、司法・立法・行政すべてを担っている。
上界で最も崇拝されている『ユネ・セキエイ』を頂点とし、貴族を中心とした政治家が国の運営を行っている。


下界

大洪水後、奇跡的に生き残った人々が築き上げた世界。
国や政府の概念はなく、各地域の有力者が土地を支配する形で自警している。
上界とは異なった独自の機械文明が発達している。
下界:リベラリタス

ヴァーレンティン銀行が統治する下界の地区名称。
住人の殆どが大洪水から生き延びた人々で成り立っている。

下界:保護地区

下界にある、上界で罪を犯した人々が住むコミュニティ。
罪人たちが住む街は高い壁によって外の世界から隔てられている。
この保護地区には上界と下界を繋ぐ塔が建っている。

HOUNDS(ハウンズ)

保護地区を管理するため、上界の神官院から送られた組織の名称。
歯向かう相手に対しては、猟犬の如く執拗につきまとう。


Nintendo Switch™ロゴ、Nintendo Switchは任天堂の商標です。©Nintendo
素材・情報等は全て開発中の物であり、予告なく変更される場合がございます。当ページに掲載されている素材の転載を禁止します ©HuneX