EVENT SCENE

「どうだ」

共通シナリオ イベントCG
【フィン】「……」 【キルス】「……」 【フィン】「えっ、あの、キルス!?」 【キルス】「似合っているかどうか意見を聞こうと思ったんだが……」 【キルス】「君の感想はよくわかった。結構だ……ありがとう」 【フィン】「結構って、な、何がですか!?」

「では、お前にも理解できる話をしましょうか」

エルトクリード イベントCG
【キルス】「!」 優雅な足音を立て、エルトクリードさんがやってきた。 【キルス】(やはり、雰囲気が異なる……) にこにこと微笑んでいるのに、双眸には氷の冷たさが宿っている。 【エルトクリード】「……俺はね、お前を信用していたんですよ。にも関わらず、お前は俺を裏切った。俺の善意を踏みにじった」 【ゴロツキA】「あ……ああ……」 【エルトクリード】「話し合いで解決しようとしてあげたのに……それすら拒むとは……本当に、ひどい男だ」

「苦手なのか?」

【キルス】「そうではなく……いや、そうかもしれないけど……」 【キルス】「そもそも、上界では滅多に起こらないものなんだ。知識としては知っていたんだが……」 【ウルリク】「……はは。あんたにも怖いものがあんのか。可愛いとこあんじゃん。――手、貸しなよ」 【キルス】「えっ」 【ウルリク】「立ち止まられたら先に進めないだろ? だから……引っ張っててやる」 【キルス】「あ……ありがとう、ウルリク……」

「どうでもいい」

【キルス】「どうでもよくはないだろう。困っている人がいるんだ」 【キルス】「困っている人を助けるのが医者で……アダージュさんだろう?」 【アダージュ】「どうでもいいんだ。放っておいてくれ」 【キルス】放ってはおけない。アダージュさんは私にとって、大切な――」 【アダージュ】「……大切な、なんだ」 アダージュさんは料理の手を止めると、私を見た。 睨みつけられ、言葉を失う。 【アダージュ】「アンタにとって大切な、なんだ……オレは、何者なんだ」

「? なぜ笑う」

【キルス】「いえ……まるで学生みたいだな、と」 【イネス】「ある意味、学生で間違っていない。学ぼうとしているのだからな。       だからお前に、どう呼べばいいかと尋ねたんだ」 【キルス】「なるほど。……こうやってノートを開けると、学生時代を思い出しますね」 【イネス】「そうだな……。お前はどんな学生だったんだ」 【キルス】「私ですか? 私は……普通だと思います」

「それで……愚かなお前は、私を殺すんだね?」

【ユネ】「いいよ、やってみて。今の時代の銃なら、期待できるかもね」 【暴漢】「黙れ……死ね!」 【キルス】「!」 【暴漢】「ぐあああ!!!!」 引き金を引いた瞬間、男の持っていた銃が暴発した。破裂の衝撃に耐えられず、銃を握っていた手は腕ごと千切れ、地面に転がる。 【暴漢】「う、ううううう……」 その場に崩折れる男の顔には脂汗。痛みに耐えているらしく、唇を強く噛んでいる。 【ユネ】「よかったね、死ななくて」 ユネ様はぽつりと言葉を漏らす。

「あ――」

【キルス】(フィン……) 紛れなく、幻でもない。 目の前に現れたのは、フィン・ユークレースだった。 【フィン】「……」 フィンは男の手から剣を奪うと、背に刺さったナイフを足蹴にした。 【ゴロツキB】「うあああああ!」 【ゴロツキC】「テメェ、何しやがる!!」 【フィン】「それは俺の台詞だ」
Nintendo Switch™ロゴ、Nintendo Switchは任天堂の商標です。©Nintendo
素材・情報等は全て開発中の物であり、予告なく変更される場合がございます。当ページに掲載されている素材の転載を禁止します ©HuneX