バレンタイン特別SS【2月14日のぺろり部の活動】

 

 

蒸籠「さっみー!」

零児「あっ、カイロもっとるよ。ほらっ」

蒸籠「さんきゅー。……はぁ~、あったかい」

赤兎「ぼくは貼るカイロを、たくさんお腹に貼ってるからあったかいよ。ほらほら~」

奈津「別に見せびらかさなくてもいいんだけど……。
   そんなに見せびらかすなら、遠慮なく一枚もらってくよ」

  ベリッ

蜜雄「俺も一枚貰おう。肩に貼ればハニーも暖をとりやすいだろう……」

  ベリッ

甘葉「俺様は誕生日だから貰えるもんは貰うに決まってる!」

  ベリッ

赤兎「ああーーっ!! ひっど~い! ぼくの貼るカイロが減っちゃった~。
   防護服みたいでかっこよかったのに……」

蒸籠「いいじゃん。まだ10個くらい貼ってあったし……」

零児「代わりにわいのカイロあげるさかい、これ使い」

赤兎「わーい! 零ちゃん、メルシー! ぎゅーっ!」

零児「ははっ。いくら赤兎くん嬉しいからって――ぐえっ」

蒸籠「わーーっ! 零児ーーーっ!! 赤兎の馬鹿力っ!」

蜜雄「このままでは零児が圧死するぞ?」

奈津「圧死すればいいんじゃない? どうせ周り雪だからすぐには腐らないよ」

甘葉「おい、奈津。笑えねぇジョーク言ってんなよ?
   おかげでさらに冷え込んだっつーの。
   それよりお前たち・・・さっさと手を動かせ!」

蜜雄「口より手を動かさねば、いつまで経っても出来ないだろう……」

蒸籠「うへー。朝からやり始めて、もうすぐ昼過ぎだもんな。お腹空いたぜー」

零児「8割方完成ってところやな?」

赤兎「可愛い子ちゃんが来る前に作らなくちゃね!」

蒸籠「ちぇっ。甘葉が急に『かまくら』を作りたいとかいうからこんな目に……」

甘葉「うっせー豆芝! 俺様の誕生日でもあるんだから言う事聞いとけ!」

零児「しっかし、まさか甘葉から『かまくら』を作りたいなんて言うとは思わんかったわ」

蜜雄「確かに普段の甘葉ならば率先してやろうとは言わないだろう。
   2月14日のバレンタインデイに雪が降ったからと推測している」

赤兎「ああ。甘ちゃんって意外とロマンチストだもんね」

蒸籠「あははっ! 似合わねー!」

甘葉「うるさいって言ってんだろ! このっ!」

蒸籠「ぶっ! ――っ、冷てぇ! 雪玉ぶつけんなよっ! お返し――ぶほっ」

奈津「あっ、ごめん。なんか見てて腹が立ったから……」

蒸籠「この野郎、奈津めぇ~!」

零児「……そんな事してたら、いつまで経ってもチョコフォンデュ食べ損ねるで?」

蒸籠奈津「「うっ」」

甘葉「バレンタインデイに雪が降るなんて奇跡は早々起こらねぇ……。俺様が小さい頃から憧れていた、『チョコフォンデュをかまくらの中で食べる』という夢はすぐ間近っ!」

赤兎「うん。ぼくもそういうシチュエーションは好きなんだけどね――。
   ただ、男6人と女の子1人で入るかまくらの大きさを無視すれば……」

蜜雄「全員で取り掛かればなんとかなると思って、召集させられては迷惑だな」

奈津「全くだよ」

甘葉「じゃあ、お前たちはチョコフォンデュぺろりたくねぇのか?」

蜜雄「……ぺろりたい」

赤兎「ぼくもぼくも~、ぺろりまくっちゃうよー!」

蒸籠「オレだってぺろるからなっ!」

零児「ぺろらんと、やってられへんわ」

奈津「じゃなきゃ、こんな労働作業やってないよ。……俺もぺろりたいから」

甘葉「よーしっ! いざとなったらセバスチャンたちにも手伝わせるから安心しろ」

 

甘葉「それじゃ、作業再開だ!」

一方、ちよこ――

 

ちよこ(……みんなのお菓子に対する情熱ってすごいなー)

ちよこ(あともう少しでチョコフォンデュ出来上がりそう……早くみんなの喜ぶ姿が見たいなー。ふふっ!)

 

 

カテゴリー: ぺろぺろ男子   パーマリンク

コメントは受け付けていません。