電撃20周年祭

弊社が日頃大変お世話になっております、

「アスキー・メディアワークス」様が創立20周年を記念して、

明日から、幕張メッセにて「電撃20周年祭」を開催いたします。

この記念すべき感謝イベントに

弊社も微力ながら「アルカナ・ファミリア」でお手伝いをさせていただくことと

なっております。

10/20、21は是非皆様で幕張メッセへお集まりくださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ちしております(maybe)

カテゴリー: 会社情報 | コメントをどうぞ

続・プログラミング言語 ++C ?

C言語には、++演算子と–演算子なる物があります。

でもってこの演算子ですが、i++; と ++i; の2つの書式が存在します。

と言う話の続きです。

では、この2つ何が違うかというと、

int i = 1;
int a = i++;

と書くと、aが1になり、iが2になります。

int i = 1;
int a = ++i;

と書くと、aもiも2になります。

という違いがあるのですが、C++言語の場合、話がもう少し複雑になります。

これの中身を、関数風に記述してみると、

i++; の場合…
int ++( int& i ){
  int tmp = i;
  i = i + 1;
  return tmp;
}

++i; の場合…
int ++( int& i ){
  i = i + 1;
  return i;
}

みたいな事が行われています。

少し分かりづらいですが、++i; の方がちょっとだけお得な気がしませんか?

class型の場合はもう少し複雑で、i++; の場合、tmpに代入するときとtmpをリターンするときに、コンストラクタとデストラクタが働くので、処理コストに差が出てしまいます。

でもって、アクションゲームとかだと、シーンに1000個単位のオブジェクトが存在していたりしてですね、こいつらをイテレータを使って順に実行していく際、こんな風に記述します。

for( itr = begin; itr != end; ++itr ) itr->Update();

間違って、++itr を itr++ としてしまうと、無駄なコンストラクタとデストラクタを1000個単位で実行してしまい、パフォーマンスに影響が出てしまうのです。

ということで、普段から ++i; 的な書き方を心がけましょう。

カテゴリー: 独り言 | コメントをどうぞ

プログラミング言語 ++C ?

突然ですが、C言語には、++演算子、–演算子なる物があります。

使い方は、
int i = 1;
i++;

とすると、iに1が足されて2になるという演算です。

この演算子ですが、i++; という書式のほかに、++i; という書式もあります。

C言語の本とかでは、i++; をよく見かけますし、実際に i++; を使う人も多いような気がします。

でもちょっと待って下さい。

C言語ではこれでもいいんですが、C++言語では ++i; を使うことを、強くおすすめします。

C++言語と言うくらいだから、i++; でもいいんじゃないの?とか思いますが、i++; でなければ駄目だというとき以外は、++i; を使うように心がけましょう。

というのも、C++言語では、classで定義した型でペナルティが発生するからです。

intやshortといった組み込み型では、どちらでもたいした違いは無いのですが、class型では、どちらを使うかでだいぶ違ってきます。

厳密には、i++; と ++i; では挙動が違うので、たいした違いどころでは無かったりしますが…
それは置といて、class型では使い方にもよりますが、++i; の書式の方がちょっとだけ処理が速くなります。

1回2回の使用ではたいした違いは出ませんが、ループの中で何回も使用すると、結構差が出てきます。

intやshortではどちらでもいいのですが、どちらでもいいなら、普段から++i; の書式を使うような癖をつけときましょう、的な事を何かの本で読んだとき、目から鱗が落ちたのを覚えています。

と言う訳で、C++よりは、++Cの方が適切なのではないかと、ちょっと思った次第です。

カテゴリー: 独り言 | コメントをどうぞ

Tokyo Game Show

東京ゲームショウに行ってきました。
かなり久々だったので、そのショー自体のスケールダウン感や、ゲームの傾向
が非常に感じられました。

スケールダウン感で言うと、ゲームが隆盛だった頃の約1/3、いや、1/4程度
まで出展メーカーが減ってしまっており、各ブースの広さも縮小気味だったのが
非常に印象的でした。

では、その展示内容ですが、殆どがシリーズ系の作品ばかり、勿論、新作が
無い訳ではありませんが、印象として「中々冒険が出来なくなったんだなぁ~」
とまあ、全体に保守的な感が否めない東京ゲームショウでした。

ただそんな中でも、特に元気あるのがSNSコンテンツ系。
コンシューマゲームに打って変わって隆盛を博しており、活気を呈していました。

ところが面白い事に、足を運んだ来場客たちが群がる試遊機といえば、
皆コンシューマゲーム機であり、スマートフォンやフューチャーフォンで試遊する
来場客は殆どいないといった光景を目にし、やはりゲームとして楽しみたい
ユーザーが多い事を実感しました。

要するにSNS系は、ゲームユーザーでは無く、広く一般に認知されている事
の裏付けなのかも知れませんね。

カテゴリー: 会社情報 | コメントをどうぞ

平成25年度新卒採用見送りのお知らせ

皆様こんにちは、開発部長です。

本日から東京ゲームショウですね。コンシューマよりもソーシャルの方が盛り上がってきていて、何とも言えない心情です。大人が家庭用ゲームをやらなくなっているのでしょうね。

 

さて、来年度に向けた新卒採用の活動を4月より専門学校を中心にさせて頂いておりましたが、ラインのバランスを考慮した結果、来期の新卒採用を見送ることが決定致しました。 期待して心待ち頂いた方には大変申し訳ありませんでした。

しかしながら登録制の開発スタッフの方は随時募集しており、依頼したい作業がございますので、登録制でもヒューネックスで働きたい!という方はぜひぜひご登録頂ければ幸いです!

 

それでは引き続き、ヒューネックス株式会社を宜しくお願い申し上げます。

 

カテゴリー: 会社情報 | コメントをどうぞ

イベント&新CD予約受付開始!

9月になりましたね。

タイトルにもあげましたが、今月は弊社が携わらせていただきましたタイトルの

プライベートイベントが続き(アルカナ、vitaminn)、ユーザー様の熱い思いや

期待度を改めて実感させていただきました。

来月以降も、

東京ゲームショー、電撃20周年祭、

アニメイトガールズフェスティバル、そして年末のコミケと

弊社タイトルがどのイベントに携わるかは未定としても

業界内は大忙しです。(mayby)

でもイベントはホントいいですね。

「ユーザー様と一緒に時間を共有して楽しむ」

この高揚感はたまりません。そして次への大きな活力へとなります。

弊社関連のイベントだけとは言いません、

皆様是非色々なイベントに参加し感じてみてください、

人生観も変わるかもしれませんし。。。

ここでちょっとお知らせです。

お待たせいたしました。

ヒューネックス本舗にて

CD新商品
「アルカナ・ファミリア フェスレガCD ラ・ドルチェ・ヴィータ」

2012年9月28日(金)発売が予約受付開始となりました。(maybe)

今回は「ヒューネックス本舗購入特典として」オリジナルプロマイドカードを

ご用意させていただきました。

(特典の絵柄は近日中にヒューネックス本舗内にてご案内いたします)

どうぞよろしくお願いします。

カテゴリー: 会社情報 | コメントをどうぞ

緊張の夏、日本の夏…

しばらく休業状態でしたが、しばらくぶりに投稿してみます。

休業状態と言っても、別に仕事を休んでいたわけでなく、つい先日マスターを提出したタイトルの制作で忙しかったというところです。

と言うわけで、毎度ドキドキのマスター提出です。

コンシューマータイトルの場合、マスターをプラットフォーマーさんに提出し、そこでの厳しい?チェックを受けて、OKサインが出ない限り、何度でもマスターを提出しなければいけないのです。

マスターを提出する頃には、たいてい発売日も決まっていたりして、マスター承認がいつまでも下りないと、最悪発売延期といった事も起こるわけです。

マスター提出から承認を得るまでは、緊張でドキドキの夏を過ごすわけです。

カテゴリー: 独り言 | コメントをどうぞ

“ECO”

ここ何年もの間、地球環境問題が取沙汰され、我々が生活する上でこの
言葉を聞いたり、目にしたりする機会は圧倒的に増えている。

では、企業にとってこの“ECO”という言葉は、一体どのように作用しているの
でしょうか。
その構図は、『省エネルギー対策』(テーマ)から『最新技術開発』(行動)と
なり『企業イメージアップ』(結果)に繋がるといったところでしょうか。

判り易いところでは、ガソリンや電気、水という限りのある資源に向けた言葉
であり、この資源に係る業界が日夜しのぎを削りながら、いかに省エネ対策
を施し、新商品を開発して販売することとなっていく訳です。

しかし、考えてみるとゲームも間接的に電気を使用しているので、我々も
世のため人の為に省エネゲームを作らなくてはいけないのです。
いや、でも誰もピンとこないでしょうね。

『○○乙女ADV』(省エネバージョン)なんて言ったところで、どうせプレイ時間の
短縮や、読み込みを少なくするために演出の削減!!
なんて事になってしまい、マイナスイメージにしかならないかも知れません。

考え方を変えれば、そこには新たなソフト技術革新が隠されているかも知れません。
どこかで『ECOモード搭載』なんて言うゲームが発売されるかも知れませんね。

ユーザーは「お財布に優しい(ECO)」が必要なのかも知れませんが・・・。

カテゴリー: 会社情報 | コメントをどうぞ

コミックマーケット82 終了

皆様こんにちは、開発部長です。

今年も暑い中、コミックマーケット82が終了致しました。 沢山のユーザー様にお越し頂きありがとうございます。 また、商品の数が十分にご用意できず、申し訳ございませんでした。 次回に生かしたいと思います。

開発会社が直接ユーザー様と接することはあまり無いので、非常に元気を頂いてモチベーションアップになりました。 それと、男性の方も来けて嬉しい限りです。

もっともっと多くの方々に、アルカナ・ファミリアを知って頂ければ嬉しい限りです。 TVアニメも放映中で、WEBでも見られるそうなので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

それでは引き続き、「アルカナ・ファミリア」を宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: 営業情報 | コメントをどうぞ

コミックマーケット82 出展

今年も暑い夏ですね!

皆さんいかがお過ごしですか?

私はというと連日、ロンドンオリンピックに魅了され、もの凄い寝不足です。
がっ、各アスリートの姿を見ていると感動しっぱなしで、寝不足などと言ってはいられません。

私たち「HuneX」もオリピックの感動に負けない、エンターテインメントを作り上げる為、

日々努力させて頂いております。(maybe)

今週開催の「コミックマーケット82」に「アルカナ・ファミリア」ブースも出展させていただきます。

皆様是非遊びに来て下さいね。

決して後悔はさせません!?(maybe)

詳細はこちらから

http://www.hunex.co.jp/wp_arcana/?p=561

カテゴリー: 会社情報 | 1件のコメント