◆年記(追記あり)

どうも、こんにちは。dramatic create広報スタッフです。

前回更新が去年というあたり日記ではなく年記では…と衝撃を感じる今日このごろです。
さて今日もいくつか来ているお問い合わせのお話です。

個別にお返事を出せない(そう、出さないのではなく出せない時もあります)のですが、やはり目立つのは海外版や複数プラットフォーム展開へのご要望です。
こういったユーザーさまがいらっしゃることが私たちの制作の励みになることもまた事実ですので、ご意見を頂くことはとても有り難い気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます!

こうして沢山の方がコンシューマーゲームとしてのタイトル発売をご予約という形で望んでいただければ、お店さまにもその熱が伝わり、結果次へ繋げることができるのです。
よく販売店さまから言われるのが『この手のジャンルは予約がないと入荷できないんです』というお言葉。
もちろん、ただユーザーさまに一方的に強いるのではなく、私たちも丁寧に移植原作さまへの愛情を持って世に出せるよう心がけて参ります。
その時その時で難しい対応もありますが、けしてないがしろにすることなくご意見を受け止めていますので、どうかその気持ちだけでも伝わると嬉しいなと思います。

また、配信が終了したソーシャルゲームのコンシューマ化というご要望も、ここのところ見受けられるようになりました。ソーシャルゲームには終わりがある故の魅力が沢山ありますが、一方で機種メーカーが修理を受け付ける限り手元に残せるコンシューマーゲームの魅力も健在です。
そのどちらにも楽しみ方や面白さが満載ですので、皆様にとっての【ゲーム】が生活の彩りになるような存在になればいいなと願っています。

さて、この一年はどういった風がコンシューマーゲーム界隈に吹くのか、みなさんと一緒に楽しみたいと思います!

【追記】
PC版からの移植そのものに対して様々な声を頂くこともある中で、とてもポジティブで前向きなご意見を頂戴しました!
PS4だけでなく他の携帯機でもソフトを出して欲しいというご要望です。
携帯できないことが一番の問題点と感じましたので、今の状況でもどうにかその方のお力になれないかと思い、個人的に色々と調べてみました。
PS4では『リモートプレイ』を使えば、PS Vitaに転送して家の中でも外でも持ち出してプレイすることが可能とのことです。
詳しくはソニー様公式サイトの紹介ページに記載がありますのでぜひご覧ください。

今回の件で、原作さまのソフトを購入するきっかけになれば、それもアドベンチャーゲーム業界全体への貢献に当たるのではないかと思います。いずれにしても熱量のあるユーザーさんが居てくれることは有り難い気持ちですね!!

広報スタッフ の紹介

ヒューネックスとdramatic createの広報・宣伝・雑用をしています。 メガネを愛する一般市民です。ほら、怖くない。
カテゴリー: 独り言   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>