夢のまた夢

誰でも夢を見ると思いますが、私にはどうやら不思議な力があるようで、
夢であることが判るのです。

殺人鬼に追いかけられても、高いビルから落ちても、車にぶつかりそうになっても
その瞬間に目覚めることができるのです。

これは、夢の中で「これは夢なんだ」って判っている訳で、それこそほっぺたを抓ったり
目を指でこじ開けることであっという間に夢から覚めると言う訳・・・。
なので、勿論夢から覚めた瞬間は、実際に手でほっぺたを抓っていたりするのです。

面白いでしょ~
しかし最近もっとすごい夢体験をしてしまいました。

それは、いつものように何者かに追われている夢だったのですが、別に気にもせず、
いつもように夢から覚めたくなった瞬間にほっぺたを抓ったのですが、
覚めた場所がまた夢の中・・・。
それも今度はすり鉢状の海岸で大きな波に飲み込まれる瞬間の夢・・・。

慌てて現実に戻らねばと、今度は目を指でこじ開ける手法を取ったのです。
いやはや怖い怖いと、朝の歯ブラシをしながら「ほっ!」としていたのですが、
実は、これも夢だったのです。

最後は自然に目覚めたのですが、なんと3段階にわたって夢を見ていたのですねぇ~。
壮大というか何というか、こんな事は初めてだったので、すごく印象に残った夢でした。

少々話は逸れますが、皆さんはカラーの夢を見る事ってありますか?
私は結構カラーの夢を見るのです。
カラーの夢を見るというのは、創造性が豊かであると、どこかで読んだことがあります。

ところが、最近めっきりモノクロームかセピア調の夢が多くなってきました。
カラーで見なくなったということは、創造性が無くなってしまったのかと、
ちょっぴりショックな今日この頃です。

カテゴリー: 会社情報   パーマリンク

夢のまた夢 への1件のコメント

  1. 白牙 より:

    「THEロボットつくろうぜっ」が好きでした。
    ウィキペディアの項目も私が作りました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>